国鉄103系電車


高度経済成長期の通勤輸送で活躍し、その後も各地で運用される形式。
3447両という驚異的な製造両数が汎用性の高さを物語っている。
民営化後、省エネや老朽化から新型に置き換えが進み、現在の運用はだいぶすくなくなっているが、
大阪、広島、福岡などで運用が続けられている。


広ヒロ B編成 広ヒロ D編成 広ヒロ E編成
広ヒロ H編成 近ホシ R編成 近ナラ NS編成
近ヒネ HJ編成 近ヒネ HK編成 近ヒネ HL編成

配置区ごとに見る

広島運転所 広ヒロ

形式ごとに見る

クモハ102系
クモハ103系
クハ103系
モハ102系
モハ103系
サハ103系

トップへ