【相模鉄道 新型車両】相鉄20000系電車 – 形式写真・車両詳細写真

 

本日、2017年7月31日から相模鉄道の新型車両20000系電車の甲種輸送が行われました。

・JR山陽本線糸崎駅に停車中の相鉄20000系

相鉄20000系は相鉄グループの創立100周年に合わせて導入されます。

運行開始は2017年12月頃~で、また、この車両は2022年度下期開業予定の

相鉄・東急直通線でも利用されるそうです。

・車両編成

←横浜方                      海老名・湘南台方→

20101-20201-20301-20401-20501-20601-20701-20801-20901-20001

・車体機器等

配電箱とSIV

・写真は20801

日立製VVVFインバーター

・写真は20901

台車は新日鐵住金のSS184M形台車とSS184T形台車です。

・写真は20401のSS184M形台車

・写真は20001のSS184T形台車

シングルアームパンタグラフ(型番失念)

・写真は20401

行先表示器、側灯、ドアボタン等

・写真は20601

冷房装置(型番不明)

・写真は20501

20000系電車の屋根

・形式写真

20001

20901

20801

20701

20601

20501

20401

20301

20201

20101

相模鉄道での運用開始が楽しみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。